投資環境 

主催地(濰坊)の優位性  

ロケーション:

濰坊は、山東半島ブルー経済区と黄河デルタ高効率生態経済圏という二つ国家レベル戦略区と膠東半島ハイエンド産業集積地という省レベル戦略区に位置し、中国、日本と韓国地域経済協力のに重要な区域である。

産業:

全国において、主要な農産品生産、加工拠点、動力装備製造拠点、製紙及び紙包装生産拠点、繊維品輸出拠点、生態海洋化学生産基地、又は国家半導体照明工学、電気音響機器産業の拠点である。

交通:

濰坊市は、発達した道路輸送、鉄道輸送に恵まれ、港と空港を持ち、中国道路交通の主なハブである。濰坊港は、Aクラスのオープンポートであり、複数の国際線が開通し、山東省と遼寧省の間において、陸上シルクロード経済ベルトと直接接続する。濰坊空港は4D級空港になり、山東省の航空貨物ハブにあたり、今年は民用にオープンする予定がある。

濰坊総合保税区:

国レベル総合保税区であり、「保税加工」、「保税物流」、「貨物貿易」、「サービス貿易」及び「仮想ポート」という五大機能を持ち、又は、「エントリ保税、区域内税金還付、増値税免除及び区域と港直接通関、集中申告、快速トランスファー」等優遇政策を享受できる。

中国食品バレー:

チャイナ・フードバレーは、現代農業経済発展をリードし、食品産業のR&D、取引、テスト、物流、ブランドを一体化させた世界レベルプラットフォームである。そのバレーに駐在する東アジア畜産商品取引所、チャイナ・フードバレー中凯コールドチェーン物流園、中国濰坊畜産&家禽製品取引所、国際農産物物流園、大宗農産物交易市場等重点ロジェクトが建設中である。 


Powered by CloudDream