2015年6月16日ー17日 中国国際商業連合会の副秘書長である蔡国枫は会議展示部門の罗垒刘彬を率いて、一行三人は山東省潍坊市へ中日韓産業博覧会の準備状況とこれからの工作について潍坊市政府、山東省貿易促進委員会、潍坊市貿易促進委員会と中日韓産業博覧会の仕事を商談しました。

  

17日午前に開催した中日韓産業博覧会の準備する会議上、副秘書長である蔡国枫潍坊市副市長である孙起生、山東省貿易促進委員会秘書長である曲惠民は中日韓産業博覧会の前の仕事を総括して、これからの仕事のポイントを手配しました。十分に相談して、意見を交換してから、中日韓産業博覧会の企業招待、展覧者募る政策、費用基準、特待条件、仕事プロセスなどを確定しました。これからの中日韓産業博覧会の企業招待、展覧者募る工作に基礎を固めます。

 

  会議後で、副秘書長である蔡国枫は山東省貿易促進委員会、潍坊市貿易促進委員会の関係あるリーダーとそれぞれ商談しました。全国貿易促進システムが一緒に発展する会員の意見とプランを紹介しました。一応、一致の意見を達成しました。山東省貿易促進委員会、潍坊市貿易促進委員会のリーダーは良質の会員企業を中国国際商業会の会員に積極的に推薦して、貿易促進工作の転換することを一緒に推し進めます。


2015/7/27 2:19:10

昌乐県は中日韓産業博覧会の手配する会議
会議展示部門は大韩贸易投资振兴公社と中日韓産業博覧会の協力することを商談する

前:

次:

副秘書である蔡国枫一行は潍坊へ中日韓産業博覧会を商談する

時間をリリース:

細部 

本网站由阿里云提供云计算及安全服务 Powered by CloudDream